Netflixラインナップ2017を豊富にご紹介してます!
So-net無料ブログ作成
検索選択

Netflixラインナップ2017を豊富にご紹介してます! [ラインナップ]

Netflixラインナップ2017を豊富にご紹介してます!


Netflixのメニューからは、国内映画、国内TV番組・ドラマや
海外映画、海外TV番組・ドラマというカテゴリーから
選択できて、

さらには、以下のカテゴリーからも選択できます。

・アジア映画、アジアTV番組・ドラマ
・アニメ
・キッズ・ファミリー
・コメディ
・アクション
・SF・ファンタジー
・ヒューマンドラマ
・ラブロマンス
・サスペンス
・ホラー
・ドキュメンタリー
・受賞歴のある作品
・インディーズ映画
・懐かしの名作
・音楽・ミュージカル
・趣味・映像・その他


かなり細かくカテゴリー分けされていて、
その日の気分に合わせて自由に作品を選べて
便利です!


スポンサーリンク




Netflixラインナップ 2017 洋画が豪華!

Netflixは海外映画、ドラマが強いイメージ。
Netflixオリジナル作品も豊富で、
最近の新着作品としてご紹介するのは、
「WAR MACHINE 戦争は話術だ!」

■出演
ブラッド・ピット、トファー・グレイス、
エモリー・コーエン、ジョン・マガロ、スクート・マクネイリー」

■ストーリー
駐在郡司令官に任命されたエリート大将。誰の目にも明らかに
勝ち目のない戦争に、ただ一人勝てると信じて本気で挑む。

ブラッド・ピット主演のブラックユーモア満載の
コメディ映画のようですね。


そのほか、ざっとラインナップを見渡すと・・・

「マイ・インターン」
「ターザン REBORN」
「バッドマンVSスーパーマン」
「ロサンゼルス女子刑務所」
「セッション」
「バックトゥザフューチャー各シリーズ」
「TIME」
「ミュータントタートルズ」
「マネーショート華麗なる大逆転」
「抱きたいカンケイ」
「イエスマン」
「SEX AND THE CITY」
「アメイジングスパイダーマン2」
「ウルフ・オブ・ザ・ウォールストリート」
「X・ミッション」
「パシフィック・リム」
「ハングオーバー!」
「アデライン、100年目の恋」
「2048」
「Mr&Mrs・スミス」
「チャーリーとチョコレート工場」
「マトリックス各シリーズ」
「シャーロックホームズ」

などなど話題作が豊富にありました。


今挙げたのは、Netflixのトップ画面のメニュから
「海外映画」を選択した場合のラインナップ。


この「海外映画」からさらに、「サブジャンル」として
ジャンルごとに選択もできるんです。


「海外映画」からの「サブジャンル」としては、

・大ヒット海外映画
・海外アクション・アドベンチャー
・海外コメディ
・海外ラブロマンス
・海外ヒューマンドラマ
・海外サスペンス
・海外SF・ファンタジー
・海外ホラー
・海外戦争・軍事映画
・海外LGBT映画
・海外ドキュメンタリー
・イギリス映画
・フランス映画
・ドイツ映画
・スペイン映画
・中南米映画
・北欧映画
・インド映画

以上、18項目のジャンルがありました。


あと、Netflixのトップ画面には検索窓もあります。


例えば、「se」と入力しただけで、「SEX AND THE CITY」や、
「人のセックスを笑うな」が検索結果で出てきました。


スポンサーリンク




Netflixラインナップ2017邦画ももりだくさん!

Netflixは、ライバルともいえるHuluと比較すると、
Netflixは洋画、Huluは邦画が豊富だと言われる方も
いるのですが、

Netflixのコンテンツも邦画のラインナップ多いですよ!


ざっと見渡しただけでも・・・

「進撃の巨人(実写版)ATTACK ON TAITAN」
「進撃の巨人(実写版)END OF THE WORLD」
「orange-オレンジ」
「ストロボ・エッジ」
「新宿スワン」
「ヘルタースケルター」
「GANTZ:O」
「闇金ウシジマくん」
「悪の教典」
「告白」
「バクマン。」
「L♡DK」
「神様の言うとおり」
「信長協奏曲」
「アオハライド」

ちょっと懐かしい作品だと・・・
「テルマエ・ロマエ」
「深夜食堂」
「バトルロワイアル」
「蛇にピアス」
「踊る捜査線THE MOVIE」
「アンフェアthe end」
「世界の中心で、愛を叫ぶ」

これだけでもなかなかのラインナップでしょ!


有名どころだけでも全部観ようと思ったら時間かかるし、
これからも新作がどしどし追加されるだろうから、
足りないってことはなさそうです。


わたくしは、邦画のほうを好んでよく観ますが、
これだけのラインナップがあれば十分と感じます。


しばらく新作を映画館に観に行く気がしないくらい(笑)


「国内映画」にも「サブジャンル」が選択できるように
なっています。


ちなみに、「国内映画」からの「サブジャンル」は、

・国内ヒューマンドラマ
・国内ラブロマンス
・国内コメディ
・国内アクション・アドベンチャー
・国内SF・ファンタジー
・国内サスペンス
・国内ホラー
・国内時代劇
・国内青春・学園
・国内犯罪捜査
・国内任侠
・漫画が原作の国内映画
・国内ドキュメンタリー

以上、 13項目のジャンルがありました。


Netflix新着情報がスマホに届く!

Facebookで、Netflixをいいね!すると、
Netflixから最新の配信情報が届きます!

例えばこんな感じでお知らせが届きます。




割と頻繁に、イメージ的には週に2、3回は、
facebookタイムラインに、
Netflixからの新着情報が流れてくるので、


スマホにfacebookアプリがある方なら、
耳寄りな情報を逃さずキャッチできそうですね。



以上、「Netflixラインナップ2017を豊富にご紹介してます!」でした!


今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


それでは失礼いたします!


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。